Nintendo Switch プロコンを購入したら、すぐにやるべき4つのことについて説明します。といっても、基本的な操作について問題がないことを確認するだけです。左スティックの保護と十字キーの調整が普通はやらないのですが、これさえやっておけば満足できるはずです。

左スティックの保護

スプラトゥーン2など、激しいアクションゲームで遊んでいると、左スティックはすぐに壊れるとの評判です。「Nintendo Switch プロコン 左スティック故障対策にイヤーパッドは有効か(十字キー調整の解説もあり) – shuのゲームブログ」などを参考にして対策をしておきましょう。他には、綿棒を使ってリップクリームを塗っておくといった対策があるようです。現時点では、効果的な対策が判明しているわけではありませんが、まったく何もしなかったら、白い粉が出てきて左スティックが壊れる可能性が高いです。高い買い物なので、後悔することのないように保護しておくのが良いと考えています。

ちなみに、故障したら、分解して掃除をすると直るという報告もあります。メーカー保証がなくなってもかまわない場合は、故障するたびに掃除でもいいかもしれませんが、左スティック以外が壊れて修理したいときのことを考えると普通の人はやりたくないでしょう。

また、アクションゲームで頻繁に右スティックを使う場合は、右スティックも保護をしておいた方が良いです。スプラトゥーン2はジャイロセンサーを使うと右スティックはほとんど使わないですし力を入れてグリグリすることもないので保護しなくても大丈夫なはずです。心配なら念の為に保護しておけば良いです。

左右スティックの補正

保護の対策をしたら、次はスティックの補正をしておきましょう。スティックの補正は右もやったほうがいいです。左スティックは保護対策をしてからが良いです。「ホーム画面 → 設定 → コントローラーとセンサー → スティックの補正」で補正ができます。これをしておけば、スティックが正常に動作しているか、初期不良で異常があるのか、判定がすぐにできるはずです。

十字キーの調整

十字キーも誤動作することがあります。これは、十字キーの部品の遊びが若干悪影響を与えているからです。十字キーは時計回りか反時計回りにずらすことができます。正しい入力ができる向きに調整してから使うようにしましょう。調整したら、正しく反応するか確認しましょう。HOMEメニューの「設定」→「コントローラーとセンサー」→「入力デバイスの動作チェック」から「ボタンの動作チェック」が可能です。

ジャイロセンサーの補正

最後にジャイロセンサーです。HOMEメニューの「設定」→「コントローラーとセンサー」→「ジャイロセンサーの補正」を使うと、ジャイロセンサーの補正ができます。プロコンを使う人はジャイロセンサーが必要で購入していることでしょう。

2017年9月時点で、Amazonではプロコンが品薄で高い値段で販売されていることがあります。その場合は注意書きで通常の販売価格が出てますから参考にするようにしてください。実店舗にはもう結構流通しているようなので、そちらで購入するのも良いはずです。最近はオンラインの方が安いものが多いという印象だったのですが、オンラインの方が高くなることもあるのですね…

ジャイロセンサーを使わずに右スティックで頑張る人は、こちらもありですね。